ロードバイク

ロードバイクにアクションカメラをつけました -520jマウントの下-

こんにちは。先日「CrosstourアクションカメラCT8500」を購入しました。

そこで今回はロードバイクにアクションカメラを取り付けていきたいと思います。

 

取り付ける際に部品などを含めて探すのに苦労したため記事にまとめました。

アクションカメラをつける 場所

Goproなどのアクションカメラをよく取り付ける場所は3つです。

ロードバイクのハンドルに取り付ける

一番ベーシックな場所で簡単に取り付けることができます。しかし、ハンドル回りが多い感じです。

 

ロードバイクのマウントの下に取り付ける

今回僕が取り付けた場所です。

ハンドル回りもきれいに収まるので邪魔になりません。動画を撮った時にハンドル回りが映らない点、前が良く見える点が気に入ってます。

 

ロードバイクのステムの上に取り付ける

ロードバイクのステムの上に取り付けた場合、サイクルコンピューターもうつります。サイコンの時速を映像とともにうつしたい方はいいと思います。

 

アクションカメラをつける 部品

僕が普段から使っているGamin520jのマウントの下にアクションカメラを取り付けました。

純正のオプションパーツなどはなかったですが、マウントの下に取り付けるやつがついている純正マウントはありました。

しかし、値段は高い!!

 

そこで、調べた結果Gamin520jを買ったときについてきたマウントの下につけれる部品が見つかりました。

値段も安く簡単に取り付けることができ、レビューには520jをつけている方も使われていたので購入。

レッグのマウントのほうが良いと思われる人多いと思いますが、僕は値段的にオプションパーツを買いました。

アクションカメラをつける 取り付け後

取り付け後見た感じは純正のガーミンマウントEXと同じに見えました。

 

ネジもしっかり止まりロードバイクでサイクリングする際にぶれが少なかったです。

 

まとめ

今回は、ロードバイクにアクションカメラを取り付けるときに使った部品を紹介しました。個人的にマウントの下が一番安定していた感じがあります。

 

アクションカメラをつける際は参考にしてみてください。

POSTED COMMENT

  1. mp3 より:

    Excellent post. I certainly appreciate this website. Stick with it! Grier Claybourne El

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。