ロードバイク

[初心者必見!!]ロードバイクの全装備 まとめ

僕は、2019年2月にロードバイクを買いました。そして、購入して1カ月800キロ達成しました。

基本50キロから100キロを何度も走って遠くに行っていました。

今回は、ロングライドの際に必要な物を紹介します。

何度も100キロ以上走ってきたので、最低限必要な物が良くわかります。初心者にもわかりやすいように紹介できたらいいと思います。

 

今回の記事内容
  1. 装備一覧
  2. 装備の詳細
  3. どんな時に使ったのか
  4. 最低限必要な物

 

装備一覧と詳細

普段から使っている物

①サイクルコンピューター(GARMIN Edge 520J)

GARMIN Edge 520J

GARMIN Edge 520J

いつもサイクリングする時に使っています。僕はセットで買ったのでケイデンスや心拍数も一緒にサイクリング時に計測します。

今までロードバイクに乗る際は必ず使ってました。少し値段は高いですが、後悔しないかいものでした。地図をダウンロードして今は使用しています。

 

②腕時計

EPSON J-50

EPSON J-300

 

③財布

100均のアルミのカードケースを使っています。

 

④ウェアー

ウェア

大阪のモンベル専門店で買いました。小雨程度なら全然大丈夫です。だから、万が一の天候に備えて普段からサドルバックに入れています。

 

⑤アイウェア(サングラス)

サングラス
https://kittoblog.com/cycling-sunglasses/

普段のサイクリングからロングライドまで毎回使用しています。使いやすく良いです。

サングラスがあるのとないのでは全然違うので是非参考にしてみてください。

 

⑥サイクルグローブ

グローブ

ロードバイクを買った際に買いました。以前サイクルグローブがない時に汗でハンドルから手が離れて危ない経験をしたので絶対にあった方がいいです。

事故やケガ予防にあるのでロードバイクを買うときに一緒に買ってみてください。

 

⑦ヘルメット

ヘルメット

僕は、ロードバイクのメイカーがキャノンデールなので、ヘルメットも同じメーカーの物を買いました。僕が使っている物も特にはデメリットがないです。

ヘルメットは必ず買いましょう。スピードが速いので万が一のために必要です。

 

⑧鍵

鍵

普段は、左の小さい方の鍵をサドルバックに入れています。ロングライドの時は2つ持ちです。右のは少し重いですが、ロードバイクの安全性を考えたら軽いかなと考えたのでロングライドの時のみ2つ持っていきます。

 

追記(2020,9,8)

最近はオルターロックに頼っているため、右の小さい方のみ使っています。

 

⑨ボトル

ボトル

基本ボトルは一つで水がポカリスエットを入れています。

100キロ走る時はさすがに足りないので、なくなったら自動販売機で買ってボトルに入れています。

もう少ししたら、2個目を買う予定です。

追記(2020.3.17)

現在は、CAMELBAK 自転車用保冷保温ボトルを使っています。

飲みやすく使いやすいです。

 

⑩サイクルパンツ

サイクルパンツ

100キロ以上をロードバイクで走る際は必ず使います。お尻があまり痛くならないので使っててよかったです。初めのうちはいらないですが、距離が増えると痛くなって必要とします。

痛くなってから買いたければ、買えば良いと思います。

 

⑪パンク修理キットと携帯工具(六角レンチ)

パンク修理キット

僕は、パンク修理キットを買いました。パッチは多めに別で買いました。基本パンク修理キットがあればなんとかなります。

少しお金がかかりますが、万が一の為に持っておきましょう。

 

⑫予備チューブ

ロードバイクを購入した時に一緒に買いました。

まだ、パンクしたことがないので使ってません。事前の準備でパンクは防げるので、あった方がいいですが、パンク修理キットがあればそこまで重要視しないです。

パンクした時急いでいる場合は、パッチをつけず後でなおすためにチューブを変える人が多いいです。ロングライドの時は持ってた方がいいです。

 

https://kittoblog.com/road-bike-tool-can/

 

⑬携帯用ポンプ

普段からロードバイクにつけています。ママチャリにも対応しているので、万が一の時は使えます。(ママチャリで70km時のパンクした時にとても助かりました)

 

⑭サドルバック

サドルバック

以前使っていたサドルバックが小さいと感じたので、新しく買いました。サドルバックは必ず買いましょう。

手に持ったり、バック入れたりだと走る時にとても不便です。だから、ある程度の物は入れて自分で持つ荷物を減らしましょう。

今のはサイズに関してはとてもぴったしで良いですが、防水機能がないので雨の時に不便です。雨対策はサドルバック内でしないといけません。もっと防水機能が高い方がいいです。

 

⑮ライトとテールライト

e-LUMECATEYE OMNI3

ライトは、e-LUME。テールライトはCATEYE OMNI3を買いました。

どちらも夜のサイクリングやトンネルで使用しましたが、満足のいくライトです。

テールライトは、トンネルや夜走行する人は必ずほしいです。トンネルの中を走らない人、夜走らない人はいらないと思います。

 

 

 

⑯スマホ(iPhone 8)

緊急時に電話する時や時々道に迷うので地図確認する際に使います。

僕は、iPhone8で音楽をずっと流しています。音楽のリズムにのってペダルをこぐと飽きずに進めます。後半は、バッテリーがなくなるのでモバイルバッテリーを持っていきます。

 

⑰モバイルバッテリー

モバイルバッテリー

Amazonで買ったアンカーのモバイルバッテリー。スマホとサイコンの充電に使います。

サイコンは最大20時間なのでサイクリング中に充電したことがありませんが、万が一の時の為に持っています。ロングライドの時しか持っていません。

 

⑱ゴム手袋

以前サイクリング中にチャーンが外れて直した時に手が汚れたので、それ以降ゴム手袋を普段から持っています。100均で使い捨てなのでコンパクトでサドルバック入れても邪魔になりません。

基本なくても問題ありません。

 

⑲リックサック

リックサック

普段から使っているのは、Colemanのリックサックです。

ロングライドの時もこのリックを使ってます。丁度良いサイズで使いやすいため僕が小学生から使ってます。もう既に10年。大分ボロボロになりましたが、全然使える耐久性を持ってます。

ロングライド以外はリックは背負いません。基本サドルバックとツール缶で何とかします。

 

⑳輪行袋

R250

まだ、輪行袋を使った事は練習しかありませんが、輪行マスターが紹介していた物を買いました。

ロングライドの時に使用すると思い買いました。しかし、ほとんど使わないと思います。

 

㉑ツール缶(追記:2020.3.17)

新しく「ツール缶」をつかうようになりました。

普段ボトルを2本使わない人にとっては便利です!!

詳しくは、ツール缶についてまとめたサイトを!!↓

https://kittoblog.com/road-bike-tool-can/

 

最低限必要なもの

沢山紹介しましたが、その中でも必ずほしいもの。

以下ロードバイクを買った時に必ず買うべきものです。

 

最低限必要な物
  1. ヘルメット
  2. ボトル
  3. パンク修理キット
  4. 携帯ポンプ
  5. ツール缶
  6. ライト
  7. ベル(法律上必要)

 

まとめ

今回は、ロードバイクの普段の装備を紹介しました。初めてロードバイクを買うときに最低限必要な物もまとめました

ロードバイクに関しては、はじめは一番お金がかかりケチりたい部分もあると思います。

しかし、ロードバイクはスピードが速いため小さなことにケチをつけると大きな事故になります。

だから、はじめはケチらずに装備をそろえましょう。僕は、ケチらなかったのではじめの1カ月お金がかかっただけで今のところお金を使ってません。

ケチるところを間違えないように装備をそろえていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。