生活

Cities: Skylinesを紹介 -都市計画を学べるゲーム-

こんにちは。最近僕がハマっているPCゲーム「 Cities: Skylines ( シティーズ:スカイライン)」を今回紹介したいと思います。

僕は、ゲームにはなかなかハマらず飽き性ですが自分が思ったより続いたため記事にまとめてみました。

* Cities: Skylinesは、ノートPCでも始めれますが、FPSが60を切ってます…

Cities: Skylines とは

Cities: Skylines (シティーズ:スカイライン)は、フィンランドのゲームデベロッパーコロッサル・オーダー(英語版)が開発した都市開発シミュレーションゲーム。

wikipedia

簡単に言えば、自分で大きな都市を作るゲームです。

 

Cities: Skylines の良い点

交通渋滞が学べる

東京や大阪などの密集地域は渋滞が多いですが、ゲームでも同じように密集地域をつくれば、渋滞が起きます。

ゲームの中でも現実に抱えている問題が起きます。だから、ゲームをプレイすることで解決策が少しずつ分かります。

交通渋滞は、なかなか解消することができないので頭を悩まされます…

都市計画が分かる

ゲームの中で住みやすい都市を作るために、どうしたらよいのか?

といつも考える癖がつき、大体の都市計画について分かりました。

都市計画は、ゲームなどで再現しないと全くわからないので、都市計画に興味のある方はぜひしてみてください。

産業、商業、住民の3つのバランスが分かる

基本的に3つのバランスを取りながら、ゲームを続けていくのですがバランスを取るのが案外難しいです。

また、自然災害などにも備えないと都市が一気に減っていくことがあります。

Cities: Skylinesを通して、現代に抱えている問題の意味が分かった気がします。

Cities: Skylines の進め方

Cities: Skylines パソコンの必要スペック

Cities: SkylinesはSteamのマニュアルによれば以下の通りです。

  • OS:winodws XP/Vista/7/8/8.1(64-bit),OS X 10.9(64-bit),Ubuntu12.04(64-bit)
  • CPU:Intel Core 2 Duo or AMD Athlon 64 X2 6400+,3.2GHz
  • メモリ:4GB
  • GPU:CTX260
  • DirectX:Version 9.0c

現在、僕はデスクトップパソコンがないのでノートパソコンでしています。GPUが内臓のものを使ってますが、設定を落とすことで何とかできています。

MODを沢山いれたり、人口が増えれば増えるほどパソコンが重くなってしまいます。スペックが低いとゲームプレイが少し大変かもしれません。

 

Cities: Skylines ゲーム購入

Cities: SkylinesはSteamより購入して始めます。

普段の値段は、2980円です。しかし、セールの場合は、745円で購入ができます。

セールの頻度も高いので少し待ってみると良いかもしれません。

セール情報についてはこちらのサイトをチェック!!

 

Cities: Skylines ゲーム始め方

まず、ソフトを立ち上げるとオープニング画面になります。

次に、「新規ゲーム」を押す。

マップが沢山出てくるので、自分の好きなマップを選んで、スタートを押す。

ロードが始まり、少し待つと画面が変わる。

ロードが終われば、ゲーム開始となる。

 

Cities: Skylines ゲーム攻略(ルール)

ゲームのルールを簡単にまとめると、

  • 人口を増やす
  • 収入を設ける(赤字にならないようにする)

上の2つができていればあとは、色々とカスタマイズすればもっと楽しくプレイすることができる。

人口の増やし方

上の赤で囲んである、道路を選択し高速道路と道路を繋げます。

次に、道路を作った所に住宅を建てます。

しばらくすると家が建て始め、建設が終われば人口が増えます。

 

Cities: Skylines その他(水道関係)

生活には電気が必要のため、青の範囲に電気を流すようにする。

のちに、人口が増えれば、太陽光発電、水力発電、原子力発電を作ることができる。

(おすすめは、水力発電です。)

生活には、水も必要となっています。 Cities: Skylines の場合、排水溝は1つで2役の役割を果たすので、現実と少し違います。

青の範囲に住宅や工場が収まれば大丈夫です。

ちなみに、上水道と下水道は一つではありません。

水の向きを考えて設置しないと下水道を住民が飲むことになるので注意が必要です。

Cities: Skylines まとめ

今回は、 Cities: Skylines というSteamのゲームを紹介しました。

最近は、戦闘系が人気ですが僕は都市計画の方が面白いです。

興味のある方はぜひプレイしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。